news

衣浦工場生産休止並びに尼崎工場への生産集約実施について

平成27年9月11日
日新製鋼ステンレス鋼管株式会社

衣浦工場生産休止並びに尼崎工場への生産集約実施について

 日新製鋼ステンレス鋼管株式会社(社長 沖山卓司)は、来年3月末での衣浦工場の生産休止、並びに衣浦生産品目の尼崎工場への生産移管(一部;外注OEM化)を決定し、従業員説明や関係先への報告を開始いたしました。
 この集約により、当社の生産性が格段に向上し、さらなるコスト競争力の強化に繋がると確信しております。生産移管や外注OEM化につきましては、お客様にご迷惑をおかけすることなくスムーズな移行を図るべく、品質、納期において万全を期する所存です。日新製鋼ステンレス鋼管のさらなる成長に向けた取り組みをご理解いただき、今後とも“日新製鋼ステンレス鋼管でなければ困る” “いまここでできることをすぐやる” 会社としての発展にお力添えを賜りたくお願い申し上げます。

・尼崎工場への生産移管については、生産設備の移設を伴うものもあり、来年3月まで
 段階的に実施いたします。
・生産移管に伴い、関係する従業員も尼崎へと異動となります。
・外注OEMにつきましては、外径サイズ10、12インチを“日鉄住金ステンレス鋼管
 株式会社”殿へ委託いたします。
・引抜作業につきましては、これまでの尼崎工場外注委託先への数量拡大で対応いたし
 ます。

 今後、尼崎工場は、中小径管での高温高耐食用途に向けた新鋼種、革新的な溶接方法、ビード処理などの表面仕上についての技術開発に注力し、従来の溶接鋼管の常識を超えた“うれしさ”をお客様に感じていただけるよう努力して参ります。

日新製鋼ステンレス鋼管のさらなる進化にご期待ください。

リストへ戻る

新卒採用募集

許認可関連

製品カタログ

ソリューション提案