factory


研究開発体制

最新の設備と自己革新で、常にユーザーニーズに応えています。

人々の生活を支えるテクノロジーが急速に変化する時代の中、ステンレスパイプの分野においても製品の多様化と高度化が常に求められています。日新製鋼ステンレス鋼管は、多様化するユーザーニーズに的確にお応えするため日新製鋼のステンレス・高合金研究部や加工技術研究部と密接に連携しながら、日々、最先端技術の研究開発に努めています。

日新製鋼 ステンレス・高合金研究部

ステンレスの量産拠点である日新製鋼・周南製鋼所内に併設。ステンレス鋼に特化し、製造プロセス、加工性、強度、耐食性、耐熱性などの研究により多種多様な独自鋼種を開発。世界トップレベルのステンレス鋼開発技術を誇っています。

30kg 真空溶解炉

降雨型複合サイクル
腐食試験機

結晶方位解析装置

日新製鋼 加工技術研究部

日新製鋼のシンクタンクのひとつである加工技術研究部は、多様化・高度化するユーザーニーズを絶えずリサーチし、将来の製品化を目指して最先端加工技術の研究開発に努めています。

30kg 真空溶解炉

ロールレス造管機

CAE 解析